2023-07

名作?迷作?B級LOVE

ゾンビ物ではないけど、ゾンビな世界でイかれてた「Z Bull(ゼット・ブル)」

2019年の映画「ゼットブル」のあらすじと感想。軍事企業アモテックは武器産業で有名な会社。マシンガンにクレイモア、地雷にC4、そして謎のエナジードリンクが売れています。そして今回新たに開発したドリンクは”ゾルト”。しかしこの商品には欠陥がありました・・・
ドラマ

天才詐欺師は”はぐらかし上手”「スニーキー・ピート」

天才詐欺師マリウスが出所する日、弟から”ギャングに狙われている”ことを告げられます。そこで刑務所で同質だったピート・マーフィーに成りすまし実家を手伝うのですが、弟は捕まりマリウスとしての活動もしなければなりません。予期せぬ2重生活の始まりです。
☆複数まとめ

”読んで欲しい”と人に言えるほど面白いマイナー?漫画!

今までも「面白い漫画の話」になると誰の口からも出てこない。題名を話しても知られていない。「読んだ方がいいと思う!」と周囲に言いまわる程好きな作品をご紹介。マイナーな理由はどこなのか?そんな所も知っておけば、きっと興味が出るはずさ!!
サバゲー・電動ガン

昔の遺産M16を直す!・・・初速6m/s・・弾は出た・・・

20年以上前に改造途中で置かれたm16a2。友人のおかげで手元に戻ったので試射。すると衝撃の6m/s。これは奇跡の数値でして、BB弾が銃口から5㎝も離れない状態なのです・・・直してみた結果は・・・いつか続く・・・
☆映画あらすじと感想

ストーキングも”科学技術”のおかげでこの通り・・・「透明人間」

2020年の映画「透明人間」のあらすじと感想。天才科学者による束縛から逃げ出せたセシリア。しかし彼女はどうしても”あいつ”が死んだとは思えませんでした。そしていつしか”見えない何か”に襲われます。それは現実なのか正気を失った戯言なのか・・・
名作?迷作?B級LOVE

孤独を感じるのは”一人しかいないから”ではない「孤独なふりした世界で」

2019年の映画「孤独なふりした世界で」のあらすじと感想。ある日突然誰もいなくなり、残ったのは以前から独りで過ごしていた男デル一人だけでした。しかしある夜突然花火が上がります。そして翌日には女が乗った車が事故を起こし警報機が鳴りだすのでした。
☆映画あらすじと感想

売った側にも責任は存在するのか「ニューオーリンズ・トライアル」

2003年の「ニューオーリンズ・トライアル」のあらすじと感想。銃乱射事件の裁判で陪審評決を巡る画策が展開。事件は売る側にも責任があるのか、それともないのか。陪審員に委ねられたこの裁判に、果たして”勝者”はあるのだろうか。
☆映画あらすじと感想

これは実話なのか、それとも作話なのか「プリズン・エクスペリメント」

2015年の映画「プリズン・エクスペリメント」のあらすじと感想。1971年に実際に行われたとても胸糞で、非人道的な実験として有名なスタンフォード監獄実験の再現。狂気は伝道するといういう結果ですが、最近では”やらせ”も疑われています。
☆映画あらすじと感想

探求心の強さは自分も人も傷つける「アンキャニー ~不気味の谷~」

2015年の映画「アンキャニー」のあらすじと感想。天才学者デビッドにインタビューするジョイ。アシスタントのアダムと会話し、反応の鈍さに”アスペルガー”を疑ったのですが、なんとアダム自身がAIだと聞かされ、衝撃を受けます。
アニメ

もし”私”があの時違うサークルを選んでいたなら・・・「四畳半神話大系」(アニメ版)

2005年に発行された小説「四畳半神話大系」2010年からのアニメ版。京都大学3回生の私が、1回生時に違うサークルを選んでいたら?というif物。どの世界でも等しく悩むという並行世界。そこで気付くのは他人がいるから自分がいる、という事です。
邦画

優しすぎる心に不条理な過去、それが邦画のダークヒーロー「シン・仮面ライダー」

シン・仮面ライダー
☆映画あらすじと感想

遠くを見過ぎた天才「テスラ ~エジソンが恐れた天才~」

2020年の映画「テスラ」のあらすじと感想。「電流」について生涯を研究に投じた天才テスラ。憧れのエジソンの元で働くも意見の対立によって袂を分かちます。テスラは安価で誰でも通信が出来るように研究していきますが、そこには特許・利益というものが付きまとうのでした。