PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

天才の前では無力?嫉妬するから伸ばせる才能もあるんだ 「ピアノの森」

ピアノの森 アニメ
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

4.0 音が見えるアニメです

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/
スポンサーリンク
\月額550円で見ホーダイ・読みホーダイ/

音の鳴らないピアノ

何もない田舎町の小学校に転校してきた雨宮修一プロピアニストを目指す彼にいじめっこ達が、「森の奥にある壊れたピアノを弾いてみろ」と言ってきます。そんな状態に困っている修一を助けたのは同じクラスの一ノ瀬海。しかし海も修一をピアノの元へ連れて行くのです。

森の奥にポツンと置かれたピアノを修一が弾いてみるのですが、鍵盤がとても重く音が出ません。しかし海が鍵盤に触れると美しい音が。海の演奏の美しさに修一は驚き、感動し、そして嫉妬してしまいます。ピアノが紡ぐ友情の行方とは。

環境も考え方も違う2人の違いが音に出る

海は風俗店の雑用で働いたりと、とても複雑な家庭環境で育ちました。同級生からは「貧乏」と言われ、とても荒んだ生活に見えます。逆に修一の方はピアニストの家系で英才教育を受けるエリート接点がない2人の出会いがピアノでした。

修一はコンクールで賞を取るため、よく言えば安定した、悪く言えば失敗しない演奏です。海はコンクールなんて無縁なため、森の奥で音を楽しんだ演奏でした。英才教育は技術を与える反面、本人の持つ個性や本来の目的を失わせてしまったのかもしれません。努力してきた修一のショックは図り知れませんね・・・。

嫉妬だけではないから余計に悔しい

ねたみ・そねみといった負の感情は重く苦しいものです。本作の修一は過剰に意識していました。しかし海を陥れる事なく才能を伸ばしたいと願った気持ちも本物。自分と海の違いを受け入れ、悔しくても最後まで友情を手放さないのが男前。

ピアノの事を除けば海の方が嫉妬しそうな2人でした。「誰かと比較しない」性格のおかげで嫉妬心とも無縁なのも海の魅力です。

森のピアノはポツンと置かれているのに強い存在感を放っていました。ピアノを弾く海が神秘的な存在に感じるほどファンタジーで綺麗です。修一の視点で見た場面ですが、「もっと聴きたい」と感じたのも自分自身。嫉妬を飲み込んだ先にあるのは理想の自分です。(なんかきれいなオチになっちまった・・・)

カテゴリーから作品を探す
アニメ☆映画あらすじと感想☆アニメ,漫画
シェアされると喜びます

コメント も、文句以外で・・・

タイトルとURLをコピーしました