PR

ゾンビミュージカル!?「アナと世界の終わり」

アナせか 名作?迷作?B級LOVE
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

3.8 新天地じゃないですか?Zミュージカル

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

クリスマスはゾンビと共に

イギリスの田舎町リトル・ヘブン。そんな街に住む女子高生アナは、父親トニーの小言にうんざりしながら毎日を過ごしています。田舎町といえでもクリスマスが近づくと賑わってきます。この日は生徒たちがクリスマスのショーの打ち合わせで学校に居残っていました。しかし、夕方から夜にかけてゾンビが出没していました。

世界中でウイルス感染によるゾンビが発生しており、このリトル・ヘブンにも影響が起きてきました。アナは音楽を聴き、歌いながら徒歩でゾンビ達の徘徊する町を歩きます。悠々と歌いながら歩くアナですが、流石に異常に気付く来ます。そしてアナの脱出劇が始まりました。

ゾンビとミュージカルの融合・・・イケる!

日常からいきなりゾンビな世界に陥ります。序盤でアナが上機嫌で歌い踊りながら歩く後ろで、町の人が次々と襲われているシュールな映像。透き通るほど綺麗な歌声と、後ろで血祭になる人々のコントラストが・・・書いていると尚更B級ですね。

B級は間違いないのですが、補って余るのが「ミュージカルパート」登場人物全員歌唱力高く、王道のミュージカル作品。迫力のある歌声に魅了されます。ゾンビと学生は王道の組み合わせですが、まさのミュージカル参戦。この部分が無ければ普通のゾンビ作品として埋もれていた平凡なストーリーです。変な掛け合わせが上手く行った良い例です。

ゾンビは踊らなかった

ストーリーに厚みがある、とまではいきませんが「十代の葛藤」が描かれていました。大人達への反抗心なんかは僕自身も覚えがあります。ゾンビに追われる究極の世界で、初めて大人の想いを知り守られている事に気付きます。そんな十代の学生が大人へ変わる成長物語でした。

歌って踊るミュージカルゾンビでB級となると、期待するのはゾンビダンスです。しかし残念ながら?ゾンビとのダンスはありません歌って踊れるゾンビは存在しませんでしたが、人間達の歌唱力、とくにアナ(エラ・ハント)の歌声はそれだけで一見の価値がありました。

ゾンビ物ではないけど、ゾンビな世界でイかれてた「Z Bull(ゼット・ブル)」
2019年の映画「ゼットブル」のあらすじと感想。軍事企業アモテックは武器産業で有名な会社。マシンガンにクレイモア、地雷にC4、そして謎のエナジードリンクが売れています。そして今回新たに開発したドリンクは”ゾルト”。しかしこの商品には欠陥がありました・・・


グリム童話を”パワフル”に「白雪姫と鏡の女王」
父である国王を亡くし継母の女王に幽閉された白雪姫は、城内で開催された仮面舞踏会に紛れ込みます。そこで昔、森で出会ったアルコット王子と再会し喜びます。しかし女王がこのアルコット王子との政略結婚を企てており、計画の邪魔と判断し白雪姫を森に追い出します。白雪姫は7人の小人と出会い、女王を倒すため剣術・魔術を習うのでした。

こんな世界で諦める事なく生きていけますか?「ワールド・ウォーz」
英国では未知のウイルスによって、感染者が異常行動に出るというニュースが流れていました。そんな中アメリカではジェリー・レインが大渋滞に巻き込まれています。上空には”ヘリ”が旋回し、地上では白バイが叫ぶように警告、そして逃げ惑う人たち。女性が男性に噛みつくと、その男性も凶暴化し暴れ走り出すのでした。・・・これはzとの戦いの記録・・・
カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
名作?迷作?B級LOVE☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました