PR

泣くほど怖かった・・・「IT/イット ~”それ”が見えたら、終わり。~」

IT ☆映画あらすじと感想
この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

4.0 ペニー役が凄すぎる

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

溝の奥

1988年の10月、アメリカの小さな町デリーでの出来事。13歳の少年ビルは7歳の弟ジョージー紙製のボートを作ってあげます。濡れても良いようにワックスを塗りボートを渡すと、ジョージーは黄色いレインコートを着いて外の水たまりに浮かべに行きます。雨風の強い日だったため、想像以上に早い速度でボートは進み排水口に落ちてしまいました。慌てて覗き込んだ排水口の奥には青い目が見えます。

よく見ると排水口の目はピエロの目でした。ペニーワイズと名乗るこのピエロ、不気味に見えますが口上手でジョージーは警戒を解きます。そして「ボートはここにあるよ。返して欲しかったら、手をお出し。」と話しかけます。恐る恐るジョージーが手を伸ばすペニーワイズが変貌し腕を食い千切りました。そして泣き叫ぶジョージーを排水口の中に引きずり込むのでした。

・・・ジョージー失踪の翌年6月、ビルは友達を巻き込みながら今もジョージーを探しているのでした。

ペニーワイズを演じたビル・スカルスガルドがヤバイ

1972年に本当に存在していた殺人鬼ジョン・ウェイン・ゲイシー元ネタの、シリアルキラー物だと思い込んで鑑賞に踏み切ったのですが、全く別物でした。ピエロの恰好で少年殺害を繰り返した、というのは参考にしているかもしれませんが、ペニーワイズはもっと”嫌な存在”です。そんなペニーを演じたビル・スカルガルドですが、彼も特異な方でした。

冒頭から青い目と大きく下に唇が伸びた笑顔、そして両目が別方向に動くというペニーの不気味な”表情”。なんとこの両目の動きや唇の形はCGではありません元々目を自由に動かせるとかで、唇の形も「いつか使ってみたいと思っていた」と話してます。冒頭の表情は素の演技で魅せていた知って本編を見ると、”おぅふ”と唸ってしまうこと間違いなしの顔でした。

何度か目を細めてしまった・・・

シリアルキラー物は好きなのですが、ホラー(幽霊系)はとても苦手です。勘違いして観た本作は何度も”もう無理”と思いましたが、なんともいえないペニーの魅力から目が離せませんでした。不気味な表情とコミカルな動きが途中リタイヤを許してくれません。正直ペニーワイズという存在以外は、びっくりはするけど怖くはありませんでした。

このペニーは”都市伝説”な存在で、子供の持つトラウマを弄ぶ不愉快な存在でした。ピエロが恐怖の対象として描かれた”IT”は、現実でも多くの子供達にトラウマを与え”ピエロ恐怖症”を蔓延させました。しかしこうやって噂され、恐怖する事で益々力を付けてしまいます。”子供達のトラウマを無くすこと”こそがペニーを消し去る手段なのです。と思っていますが、大人(おっさん)も怖がる本作。どうやらペニーはまだまだ消えそうにありません

これはすでに”キャラクター名”ではなく”事象名”「ジョーカー」
2019年映画「ジョーカー」のあらすじと感想。ゴッサム・シティでピエロとして働くアーサー・フレックは仕事中に若者に襲われ袋叩きに合います。そこで同僚ランドルは拳銃を渡します。その後、解雇されたアーサーはピエロ姿のまま地下鉄に。そこで酔ったエリート・サラリーマンを射殺してしまいます。この事件からピエロは貧困層の英雄と崇められていくのでした。

⇑  こちらも世に有名なカリスマピエロ・・・

どんな現実でも受け止める「NOPE/ノープ」
牧場を営むヘイウッド家のオーティス・シニアが亡くなってしまいます。息子OJが牧場を引き継ぎいだある日、馬が1頭牧場から逃げ出してしまます。追いかけて遊園地まで来てしまった時、アナウンスが流れ砂嵐が起き上空に円盤のようなものが見えました。そしてこの後、異様な事態を知る事になっていくのです・・・

日本古来の”幽霊奇譚”を露伴が胆のう「岸部露伴 ルーヴルへ行く」
2023年の映画「岸部露伴 ルーヴルへ行く」のあらすじと感想。特殊能力”ヘヴンズ・ドアー”で人を小説に変え、記憶と心を覗く能力を持つ岸部露伴。今回は最も邪悪でこの世にあり得ない”黒”を巡ってルーヴルへ。そしてラストは泉の胆力に感動すら覚えるのであった!
スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました