PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1960年代の眩さは幻想?「ラストナイト・イン・ソーホー」

ラストナイト・イン・ソーホー ☆映画あらすじと感想
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

3.8 エドガー・ライト作品の真骨頂ですな

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

夢と希望のロンドン

幼い頃に母を亡くし、父も行方不明で祖母に育てられたエロイーズ。彼女には他の人には見えない何かを感じ取る・見るという能力が備わっています。そんな彼女の夢はファッション・デザイナーになることです。60年代のイギリス・ファッションに憧れ、そして念願だったロンドンのデザイン学校に合格。ソーホー地区にある女子寮に引っ越します。

しかし女子寮の生活は悪い意味で都会的。エロイーズには合いませんでした。そこでエロイーズは女性限定ワンルームマンションの物件を見学します。大家のミス・コリンズは厳しい人ですが、まさに60年代を思わせる部屋に惹かれ入居を決めます。そしてその夜、サンディと名乗る女性が”カフェ・ド・パリ”に自分を売り込みに行く夢を見ました。エロイーズはこの日から毎日サンディの夢を見、そしていつしか現実と夢が交じり合う不思議な感覚に襲われ始めるのでした。

モリモリに詰め込まれた作品

観る前に知っておくべきことは”サイコホラー作品”だという事です。オープニングが”青春”や”精神病”を思わせて入りで、”60年代ファッションが好き”という事からヒューマンチックにも見せていますが”サイコホラー”です。ショッキングでグロ描写もありますので、美女2人の演に惑わされない様に・・・

すでに”サイコホラー””青春””ヒューマン”と単語が出ていますが、本作の詰め込み方はこれぐらいでは収まりませんサンディ(アニヤ)が歌って踊る”ミュージカル”があり、エロイーズ(トーマシン)がタイムリープし、そして過去の事件を探る”ミステリ”があり。詰め込み過ぎ感が強烈ではありますがバランス良く、2時間の作品があっという間に終わってしまいました。詰め込み上手なエドガー監督と評価します!

60年代の”ソーホー”から現在へ

エロイーズが夢で見た60年代は華やかで、眩しい程生き生きとしているサンディも潤い多き人生の予感がしました。しかし60年代当時は”女性差別の強い時代”でした。夜のパブで歌うサンディに日が当たる事はなく、どす黒い男の欲望に呑まれます。そんな時代を生きたサンディと同調するエロイーズは、息苦しさと苛立ちを強く感じています。

この作品にそういった意趣があるのかは分かりませんが、サンディの身に起きた事が”当然ではなく不当”とエロイーズが感じるのは”現代”だからです。本作では”不遇な時代のサンディ””夢に挑戦したが心が折れたエロイーズの母””夢に大きく近づいているエロイーズ”作中で年々女性地位が上がっています。この女性達の変化は時代の変化と表現しています。単なる詰め込みワイワイ作品ではなく、こういったメッセージも詰め込まれていました。

腐った村の未来は女性にかかっている「ウーマン・トーキング ~私たちの選択~」
2022年の映画「ウーマン・トーキング」のあらすじと感想。南米のキリスト教徒達による自給自足の村では、幼いころから女性が男性から虐待を受けています。そして女性達は自身でこれから選択をする事になります。2010年に起こった実話が基な衝撃映画。

泣くほど怖かった・・・「IT/イット ~”それ”が見えたら、終わり。~」
2017年の映画「IT」のあらすじと感想。排水口からペニーワイズと名乗る青い目のピエロが「手をお出し。」と誘ってきます。世界でピエロ恐怖症を蔓延させたホラー映画です。唯一の救いは”物理攻撃可能”な事でした。怖かった・・・

⇑  ”IT”も”見えたら”ヤバイ物語

女性の本質は”逞しい”「ザ・キッチン」
。キャシー、クレア、ルビーの3人にはギャングを生業としている夫がいます。しかしこの3人がFBI捜査官への暴行などを理由に3年の懲役が下されます。3人は夫がいない間、”みかじめ料の集金”を始めまたキャシー達3人は、更なる抗争に巻き込まれていく事になるのでした。

⇑  60年代の女性ギャングの活躍は「ザ・キッチン」

スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
☆映画あらすじと感想
シェアされると喜びます

コメント も、文句以外で・・・

タイトルとURLをコピーしました