PR

素敵なのはドレス?いいえ”あなた”ですよ「ミセス・ハリス、パリへ行く」

ミセス・パリス ☆映画あらすじと感想
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
ミセス・ハリス、パリへ行く (字幕版)

5.0 時代を象徴するような素敵な作品

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

一目ぼれしたのは・・・

1957年のイギリス。ミセス・ハリスはごく普通の女性。家政婦をしている彼女は、友人ヴィ達とそれなりに楽しく生活しています。ある日ハリスはヴィと共に、英国空軍からの小包を開けます。そこには夫エディーの死を知らせる手紙と、彼からの贈り物”指輪”が入っていました。そんな少し落ち込む彼女に、とある”出会い”がありました。

気が沈んでも働かないワケにはいきません。雇い主であるダント家で今日も奥様に仕えます。しかし給与は未払いで、ただ働きをしている状態でした。そしていつものように片付けを行っていると、”クリスチャン・ディオール”のドレスが置かれているのに気づきます。そしてハリスは一目ぼれし、”クリスチャン・ディオールのドレスを買う”という夢を持ったのでした。

貴族時代とクリスチャン・ディオールの変化

フランス・パリでオートクチュール専門店として名高い超高級ブランド”クリスチャン・ディオール”芸術感溢れる装飾はフランスの芸術価値を押し上げたといっても過言ではありません。しかし戦後で物資不足のこの時代、”贅沢すぎる”という抗議運動が過熱化していました。更に”売上”にも問題が生じており、生き残れるかの瀬戸際に追い込まれます。

当時の貴族世界は”後払い”で、しかも信用払いという不確かなモノでした。高級ドレスは売れるのですが、いつ支払われるかは顧客次第というものです。そして1940年代の終わりごろ、香水部門を設立アメリカで生産するという世界展開を開始。そして超高級物~少し高級と商品に幅を持たせた展開を始めます。これは暗に貴族社会の崩壊を見据えての事でした。

本当に素敵な物が好きだから

ミセス・ハリスは猪突猛進タイプ。大金を手に入れパリでファッションショー会場に入ります。お金持ちの”虚栄”のような会場でハリスは唯一、初めて見る美しさに目を輝かせる素敵な少女と化しています。”何かを作る側”から思えば、こんな羨望の目を向けてくれるハリスは最高で最上級のお客様に間違いありません。だからこそディオールの社員達はハリスに惹かれていくのです。

前向きだけではない、お金持ちではない、順風満帆ではない、どこにでもいる普通の女性。彼女が欲しいのは家が建つ程の超高級ドレス愚かですか?勿体ないですか?とても素敵なことなんです。何物にも代える事ができない宝物。それを見つけたハリスが羨ましく思います。きっとこのラストが”輝いている”という瞬間なのですね。最高品質の一点ものが欲しい、それはオタク文化の鑑でした。

幸せを創り出す力があった英国貴族「ダウトン・アビー ~新たなる時代へ~」
トムとルーシーの結婚式には当主であるロバート伯爵らが参列し、2人の門出を祝います。同じ頃バイオレットはモンミレール侯爵から南フランスの邸宅を譲り受けます。さらに大手映画会社から”伯爵の邸宅を借りて撮影をしたい”という相談が舞い込みます。グランサム伯爵家はどうやら騒がしい時期なようです。

オタク文化は世界を救う・・・気がした作品「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」
槇村香がいつものように伝言板の確認に訪れると、そこにははっきり「XYZ」の文字が!久しぶりの探偵依頼に香は喜びます。そう、伝言板に「XYZ」は伝説の(?)探偵「シティーハンター」への仕事依頼。プロの掃除屋冴羽獠でなければ解決できない相談事とは・・・

あなたは素敵なんです「竜とそばかすの姫」
高知県の田舎町、女子高生内藤鈴(すず)は父と2人暮らしです。母親は幼い頃に川で女の子を助け、そして命を落とします。すずは母親の死に合わせてSNSで流れた心無いバッシングに傷ついてしまいます。そのトラウマから母親の影響で大好きだった歌を失い、人前で歌えなくなりました。
スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました