PR

木人の伝説はここから始まった・・・「少林寺木人拳」

木人拳 名作?迷作?B級LOVE
この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

4.3 日本にジャッキーが上陸した最古作品

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

青年”だんまり”の静かな闘志

幼い頃父親を殺された青年イーロン。それから一言も話さなくなり、”だんまり”と呼ばれる彼は仇をとるために少林寺の門弟となります。しかしカンフーは上達せず、毎日水を汲んでは階段を登り樽に入れるの繰り返えし。そんなイーロンはある日、寺の洞窟に鎖で繋がれている男を見つけます。

この男ファユー10年前に少林寺の掟を破ったため、閉じ込められていました。イーロンは優しさからファユーに食べ物や酒を持ってきます。そしてファユーからカンフーを習い出すと、メキメキと力を付けます。そして少林寺を出ることを決意し、最終試験”木人路”へ挑むのでした。

普通のやさ男イーロン

優しく素直なイーロンですが、水汲みも遅く同僚からはからかわれています。しかし来客僧や酔っ払いには覚えが良く、目をかけてもらっていました。そして洞窟で出会ったファユーから一撃必殺とも言える”奥義”を習得します。そして強くなったイーロンですが、実はこの作品では他の拳法の方が重要でした。

習った拳法を1人で繰り返している姿を見て、「少林寺拳法は生の道、さっきを出してはなりません。」尼僧が声をかけてきます。そして対となるように”蛇意八歩”というこれまた奥義を伝授します。オーラもない普通な雰囲気が、殺気放つ拳法とは似つかなかったのでしょう。奥義を複数取得すれば木人路も楽勝では・・・?

挑む”木人”は後世の伝説

今や誰もがご存じ(?)の木人は、実はこの作品のオリジナル”木人路”とは並べた木人全てと相対し、蝋燭が消えるまでダメージを受けずに外に出る(ようなルール)という過酷なモノでした。木人に触らないよう真ん中を歩く事は禁止です。映画「少林寺 木人列伝」(全く別映画)では動くようなっており、木人自体も近代化していました。「ミニオンズフィーバー」ではそのままの木人だったのが残念。

ちなみにタイトルである”木人拳”という拳法は出てきません。そして後世に残ったのも”拳”がのいた”木人”の方だけです。本作はジャッキー主演の香港映画として製作されており、ガッツリシリアスです。日本で御馴染みのコミカルカンフーではありませんが、その分カンフーアクションはフンダン・満載。まだあどけない雰囲気のジャッキーとカンフー中心の本作は時代を超えて楽しめる名作です。

スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
名作?迷作?B級LOVE☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました