PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな現実でも受け止める「NOPE/ノープ」

NOPE/ノープ ☆映画あらすじと感想
この記事は約9分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

4.0 チンパンジーが一番怖い

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

田舎の牧場で”それ”は起こった

父と兄妹の3人で牧場を営むヘイウッド家映画やTV撮影に調教した”馬”を貸し出すことが一番の収入源となっているこの牧場。ある日父オーティス・シニアが突然空から落ちてきたコインに当たり亡くなってしまいます。息子OJ(オーティス・ジュニア)は牧場を引き継ぎますが口下手でした。妹エム(オーティス・エメラルド)は口が上手く売り込み上手ですが、それだけでは収入は増えませんでした。

OJは懇意にしている西部劇風遊園地に立ち寄り馬の質入れ相談を行います。無事話はまとまりますが、その馬が牧場から逃げ出してしまい慌てます。追いかけて遊園地まで来てしまった時、突如アナウンスが流れ砂嵐が起き、そして上空に円盤のようなものが見えました。そしてこの現象と円盤を撮影し商売にしようと家電店で監視カメラを購入します。そして異様な事態が起きていることを知っていくのです・・・

サブMOVE”恐怖のチンパンジー”が厄介

遊園地のオーナーであるジュープは、元子役で「ゴーディ 家に帰る」という人気コメディドラマに出演していました。しかしこの番組、番組中に”チンパンジーが出演者を襲った”ために打ち切りされたというトラウマ伝説番組でした。この事件でジュープはチンパンジーと目が合いますが襲われず、無傷で生還しました。しかしこの出来事で彼は”自分は大丈夫”という過信を持っていたように見えます。

とても不気味な内容のサブストーリーですが、”こんなに力入れる?”ってぐらい作り込まれていました。チンパンジー事件で1作できますね。単に恐怖を煽るだけのストーリーに見えますが、これがジュープが”恐れなかった理由”と”しくじった要因”の説明になります。チンパンジーは目が合って心が通じていたのでしょうがねえ・・・

戦うために必要なものとは

無口で不愛想なOJは父が死に、経営が上手くいかず、更にはUFOらしき物の出現と災難の連続。しかしどんな時でも冷静に物事を考えていました。態度や言動のせいで諦めにも見えますが、常に何が最善で必要かを考えているOJは現実を受け入れる強さがありました。後半も理不尽で不条理な目に合いますが、嘆くのではなく打開方法を常に考えているOJHEROとして一流です。

牧場経営の家族(実際には地域全体)に起こったパニックホラーな”NOPE”。題名通り”もうダメ”で”もう無理”の連続でした。UFOかと思えばゴーストホラーな展開を見せ、後にアニマルパニックを魅せられる。そして再びUFOのような未確認な存在に怯えさせられる展開にやられました。誰にでもとは言いませんが、鬱・パニック系が好きなら見逃すな!と言えるほど、NOPEは面白い作品です。

宇宙からの来訪者と共存は不可能?「第9地区」
ある日突然”宇宙船”が現れますが、中野異星人は”栄養失調”状態。MNU社はエイリアン課を新設し一時的な滞在場所を第9地区に構え共存します。しかし地元住民はエイリアンを”エビ”と呼び対立。エビを新拠点に移す事にしたMNU社は現場責任者としてヴィカスを任命しますが、彼はこの後想像もしなかった大問題を引き起こすのでした。

伏線回収は秀逸だが、何も考えず観た方が楽しい「ブレット・トレイン」
休暇を終えて殺し屋の職に復帰した最悪の運の持ち主レディバグ。復帰最初の任務場所は、東京から京都へ向かう新幹線の中で大金の入ったブリーフケースを預かる事でした。しかしレディバグのせいなのか、何故だか殺し屋の集まる恐怖の新幹線となってしまうのでした。

不条理で意味不明で荒唐無稽な選択肢「ノック 終末の来訪者」
2023年の映画「ノック 終末の来訪者」のあらすじと感想。突然現れた男女4人組から「3人のうちの誰かが犠牲にならないと世界が滅ぶ」と宣言された家族。妄言か真実かわからない話ですが、どちらにしても意味不明。因に最後まで理由不明。


グロで鬱で悪夢でトラウマ「MEN 同じ顔の男たち」
2022年の映画「MEN 同じ顔の男たち」のあらすじと感想。夫であるジェームズの飛び降り自殺を目撃し落ち込むハーバー。気分転換に訪れた田舎町は穏やかで優しい景色。しかしA24が制作する作品にそんなモノありません。僕が心に傷を負いました・・・
カテゴリーから作品を探す
☆映画あらすじと感想
シェアされると喜びます

コメント も、文句以外で・・・

タイトルとURLをコピーしました