PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

”思想”程恐ろしい殺人理由はない「セブン」

セブン ☆映画あらすじと感想
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

3.9 宗教が絡む作品はほとんどグロい

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

猟奇殺人現場に”GREED(強欲)”の文字

34年間刑事として勤務したサマセットは残り1週間で定年を迎えます。後任として配属されたのは若く意欲のあるミルズ刑事。そして雨の降る月曜日、2人は殺人現場で落ち合います。そこには異様に太った男性ミートソーススパゲッティに顔をうずめて死んでいます。手足を拘束されており、12時間以上に渡る食べ物の過剰摂取が原因。無理やり食べさせられた”殺人”と断定されます。

捜査を続けている火曜日、今度はグールド弁護士が殺害されます。担当はミルズで現場に赴くと、グールドは秤に自分の肉1ポンドを切り取り乗せ、”失血死”していました。そして現場の床には「GREED(強欲)」の文字が書かれていした。同じ頃月曜日の事件を捜査しているサマセットは、被害者宅の冷蔵庫裏側に「GLUTTONY(暴食)」の文字を見つけます。ここから”七つの大罪”になぞらえ、後5件起きるとサンセットは署長に提言したのでした。

思慮深い・短慮な2人のバディ物

サマセット刑事は思慮深く、冷静に”七つの大罪”から犯人像を探し出そうとします。逆にミルズは「単なる異常者で知能も低い犯人だろ」と犯人を舐めています。居場所や犯人像はサマセットが明らかにしていきますが、犯人を見つけた際にはミルズの行動力が活きてきます。この2人は非常に良いパートーナーになるはずですが・・・

このダブルキャストはハマりですね。サマセット役モーガン・フリーマン老齢で知的な印象が強い重鎮俳優。ミルズ役ブラッド・ピットは当時32歳で”血気盛ん”な若造としては丁度良い年齢です。ブラッドにとって本作は、”色男”を脱却し”俳優”としての評価が上がったある意味”出世作”となりました。確かに本作のブラッドは泥臭く、観ているこちら側が歯ぎしりしてしまう程真に迫った演技を披露しています。

大罪とは思想の一種

”七つの大罪”は漫画でも有名になりましたが、これは”罪自体”を指すのではなく、”この感情・欲望を持つ事で罪を犯す”というのが本来の意味です。罪に至るまでの人間の状態を表した”思想・概念”というのは時に異常な信仰心を生み出してしまいます。まさに本作はそういった”異常な何か”に憑りつかれた、心酔した犯人が起こした事件でした。

犯人である”ジョン・ドウ”と名乗る男ですが、このジョン・ドウは名前がわからない相手を指す言葉です。この男は最初から最後まで犯行を楽しみ刑事をからかっていました。そんな男と関わった2人ですが、特にミルズは不運・不遇というしかない結末が待っています。これは何一つ共感も理解もできない犯行に、絶望・怒り・そして悲しみを与えらる衝撃作品です。

”何を信じるのか”それは”あなた次第”「光の旅人 K-PAX」
ニューヨークのセントラル駅で「K-PAXから旅行できたんだ。久しぶりにね。」と話す彼を警官は精神病院へ移送します。担当するマーク・パウエルは故郷の事を質問します。自身の星の自転・公転も説明し「自分の星のことは常識さ。」と話す姿にマークは”本当に異星人なのか記憶喪失なのか”と悩むようになるのでした。

⇑ ケヴィン・スペイシーは名優

「ハンニバル」シリーズ(映画)見る順番とドラマ版
紳士的食人鬼ハンニバル・レクターの物語はゾクゾクとワクワクを提供してくれます。作品も増えており、少し整理が必要になってきたので、お勧めの視聴順を置きます。この順番なら理解し易い(はず)です。

⇑  猟奇的ならハンニバルシリーズですよ

明るい映像に”不穏”を詰め込んだ映画「ミッドサマー」
ダニーは精神崩壊状態に陥り、恋人であるクリスチャンが相談していた友人ペレは「ホルガ村に来ないか?」と誘ってきます。ホルガ村は喧騒から離れて心落ち着く場所で90年に一度の祭典があるとか。そして知ります。”あんな狂った祭典”が存在するのだと・・・

⇑  宗教にグロ、そしてカルトな「ミッドサマー」も思想的猟奇

スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
☆映画あらすじと感想
シェアされると喜びます

コメント も、文句以外で・・・

タイトルとURLをコピーしました