PR

「スマホカバー館.com」で”自分だけ”を購入してみました

スマホカバー ☆雑談
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

ちょっと変わったスマホカバーが欲しくて購入した小説風カバー。高クオリティで遊び心に満ち溢れた品が届いて大満足。¥5,980円でこれほどテンションが上がるのも久しぶりで。気になる点と題名云々を語ってしまいます。

面白いけど”しっかりカバー”

この題名、”僕が考えたオリジナル”です。こうして公言すると恥ずかしい・・・どこかで見かけても突っ込まないで欲しい・・・しかしこの”自分だけ感”に大変ご満悦。お洒落というよりも”フフッ”っとニヤニヤしてしまうのが”小説風ケース”の魅力。

手帳部分:PUレザー(合成皮革)
装着ケース:ポリカーボネート(ハードケース)
ストラップ穴:なし

ちょっろ落としても大丈夫な厚めの合成革で、高級感も感じます。テーブルの上に置けば「小さい小説だな」なんて思われて注目されるかも。遊び心満載のカバーは実用性も兼ねており、サイドにポケット3つ、ロングポケット1つと使い勝手良好。カメラ穴も機種に合わせて加工してくれます。

「猫になるより 猫に仕えたい」の説明と気になった事

猫派の僕が伝えたい。”猫”とはなる存在ではなく、愛でる存在。なぜなら猫になると勝手に”モフられる”、”ちゅ~る”が出ないなんて事も。そして思うのです。「可愛がられるより、可愛がりたい」と。

こんな始まりの小説(実在なし)ですが、猫好きにはたまらないと勝手に思っています。どうでもいい話ですが、こんな世界観を持てるカバーって素敵じゃないですか?使い古した後は何かしら部屋に飾ってやろうと思っています。お気に入りになりましたが、気になる事もあったので挙げておきます。

① 合皮の臭いがきつい。24時間以内でかなり治まりますが、ツンッとした臭いは気になりました。

② ”Twitter”画像とプロフィールを背面に入れれるのですが、2023年現在”X”になっているので入れれません。ちょっと残念です。

最後の一点は”この小説はもっと高くてもいいんじゃない!?”という裏側の値段ですした。本体価格760円+税と書かれていますが、きっと2000+税でもいけるはず・・・これもどうでもいい話だったか・・・

¥5.980ーで大満足を買った

世界に一つの自分だけのオリジナルケース購入価格は¥5,980円でした。他にも多数の魅力的な誘惑が待っている「スマホカバー館.com」ですが、僕の一押しは小説風カバー。持ってるだけで謎の優越感に浸り、満足した顔で歩けます。きっと皆そう。

次回はペット写真とかカバーにしたいかな。「スマホカバー館.com」さん、今後もワクワクな新作を期待しています。購入レビューというより本気の雑談になった気がしますな。

【スマホカバー館】で見つけるオリジナル
”わっ”や”ふふ~ん”と周りの雰囲気や色が変わる商品づくりをコンセプトに、スマホカバー館.comはAndroidユーザーに特化した「日本人が加工するカメラ穴」にこだわって製作しています。上品でお洒落な物から、少し変わった物までスマホを”小物”にしてしまう豊富なアイデアがAndroidユーザーを待っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました