PR

死にゲー入門RPG「エルデンリング」

エルデンリング ゲーム・PS
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

神々の争いに巻き込まれた褪せ人

永遠の女王マリカ大いなる意思により”エルデンリング”を与えられ、見返りに次の王(神)を要求されます。そしてマリカは人間の王ゴッドフレイとの間にゴッドウィンを始め、幾人の子供を生みました。しかし全員デミゴッド(神の失敗作)となってしまいます。そこでマリカはラダゴン(男)へと変異レナラ女王との間に子供をもうけます。しかしこの事が原因でゴッドフレイは”役立たず”として大いなる意思から見放され追放。そして最初の褪せ人となってしまうのでした。

同じころ最初の子供であるゴッドウィンの魂が殺害されます。それを知ったマリカは混乱しエルデンリングを破壊、さらにその欠片はデミゴッド達に”力”を与え、地上の覇権を争う戦争が起こってしまいます。勝者のない戦いが終わるころ、大いなる意思はエルデンリングを修復するため、”大ルーンを集める者”として褪せ人(プレイヤー)を送り出すのでした。

探索型RPG

とにかく広い!探索好きな方なら、これだけで満足しそうなマップです。そしてその平原にデカい敵が単独でウロウロしています。最序盤に出会った”ツリーガード”という敵が恐ろしく強いのですが、”死にゲーってこういう物”と思って僕はこの敵を”序盤の敵”と思い込み、丸3日費やすという残念な行動を取りました。

現実的な攻略は”勝てないなら後回しにして探索”が正解。広大なマップには多数の武器・魔法・アイテムが存在しており、装備収集と強化を行いながら少しずつ強くなるRPGゲームです。死にゲーなので繰り返し倒されると思います(1000回は死んだよ)が、プレイヤースキルだけでなくレベルアップに武器強化で先に進める適度な難易度。”倒せないなら探索””倒せない日は諦めて、翌日挑戦する”ことを意識しましょう。

ライトで適度な死にゲー

死にゲーに”ライト”とか変な表現なのですが、プレイスキル必須ではないバランスが秀逸です。レベルを上げれば時間がかかっても押し切れるというのは有難い。更に広大なマップを利用して、”一撃離脱”が可能です。魔法の射程距離は短いとは思いますが、同じフロム死にゲー”セキロ”と比べれば何の問題もないレベルの悩みです。

ボス戦は最初かなり苦労しましたが、RPGと割り切ってレベルを上げれば楽勝です。特に体力に振れば目に見えて強くなるので、”迷ったらHP上げ”で間違いなし。僕は武器”ファルシオン”に氷属性付与で1週目を終えていますので、好きな武器で大丈夫。慣れてしまえば体力マシマシ+ローリング回避で、盾無し兜無しでも楽しめます。死にゲー苦手でもRPGが好きならお勧めです。もちろん死にゲー好きな方も装備無しにするだけで高難易度にできますよ・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました