2022-10

☆映画あらすじと感想

囚人の心も癒す都会熊「パディントン2」

すっかりブラウン家に馴染み、ご近所付き合いも順調なパディントン。しかしブラウン家父ヘンリーは中年の危機を嘆き、母メリーはドーバー海峡を泳いでフランスを冒険したいとか。更に長女ジョディは恋人に振られ長男ジョナサンはSLオタクへと変貌とパディントン以外は問題だらけでした。
シリーズでこそ真価が!

こじらせ刑事は大体凄腕「特捜部Q ~檻の中の女~」

過去の事件で仲間を失い、そして自身も怪我を負ったカールが復職します。しかし復職と同時に、過去20年間の未解決事件ファイルにミスがないかを調べる新設部署、「特捜部Q」へと異動させられます。閑職まがいのこの部署へカールが訪れると、そこには部下であるアサドが待っていました。
☆映画あらすじと感想

正義の使者かテロリストか「Vフォー・バンデッタ」

第三次世界大戦後のイギリス。この国ではアダム・サトラーという独裁者により統治されています。ある日夜間外出禁止令が発令されているにも関わらずイヴィーは出歩いていました。そこに現われた警察はなんとイヴィーを襲い始めるのでした。
邦画

”許されない事をした”犯人に赤城が激怒「ST赤と白の捜査ファイル」

東京で護送車が対向車と衝突し横転します。そして空き巣ではありますが3人の犯罪者が脱走し、SNS上では「凶悪犯が逃げた」「警察無能」と拡散。赤城は「これは誰かが仕組んだことだ」と話します。そして既にSTはその”誰か”を見つけ出していました。
ドラマ

ST5レンジャーを上手く扱えるか!?「ST警視庁科学特捜班」

警視庁キャリア組の百合根友久警部は、上司である三枝敏郎参事官から「科学捜査班」通称「ST」の監督役に任命されます。STは犯罪に多様化に対応するため設立されましたが、何故だか今ではすっかり警視庁の足を引っ張る存在。天才ばかり集められたと言われるSTに百合根が向かいます。
漫画

生き抜いた先には何が待っているのか「神統記(テオゴニア)」

いつの頃からか人族の地に亜人族が侵入し始めました。武器を手に戦うも力量の差は一目瞭然。人族が抗うための唯一残された手段、それは亜人族の中でも特に強い個体の体内にある「神石」。これを体内に吸収することで身体能力が大幅に上がるのです。
☆映画あらすじと感想

生きるためだけに生きてはいけない「グッバイ、リチャード!」

大学講師のリチャード・ブラウンは医師より「ステージ4の癌で、治療をすれば大きい苦痛はあるが1年から1年半、しなければ半年の命」と余命宣告を受けます。家族に告げようとしますが娘から「私レズビアンなの」更に妻からは「実は不倫してるの。あなたの上司と」リチャードは自分の話を止めました。
☆映画あらすじと感想

ミスリードが巧妙でラストまで気が抜けない「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」

世界的ベストセラー小説完結編「デダリュス 死にたくなかった男」が世界同時出版されます。アングストローム社は翌年3月には書店に並ぶと大宣伝を行っています。そして情報流出を避けるため、行動・身柄の拘束に同意した上で9人の翻訳家がフランスに集合しました。
邦画

ここまでして”藁”を守る必要があるのか「藁の楯」

少女連続殺人犯である清丸国秀は元経団連会長蜷川隆興によって、10億円の懸賞金を掛けられます。孫娘を殺害された恨みは強く確実に実行した者に出す条件つき。10億円という金額に目がくらみ、次々に命を狙われる羽目になった清丸は福岡で警察に出頭します。
アニメ

魔王で魔法な七つの聖地を司りし少女登場「中二病でも恋がしたい!戀」

恋人になった2人の前に現れた七宮智音という少女。なんと勇太の師匠(中二病症状)ともいえる彼女は勇太ととても親密。嫉妬する六花に悩みつつ、更に「極東魔術昼寝結社の夏」部も活動実態がない事から廃部の危機という問題も起こるのでした。
☆映画あらすじと感想

190㎝90㎏のおじさんが可愛い!?「ザ・スイッチ」

女子高生ミリーはアメフトの応援で夜遅くなり、母親の迎えを待っています。そこに姿を見せたのは殺人鬼ブッチャー。凶器はアステカの短剣といういかにも呪われたナイフ。つかみ合い肩を刺されますが、警察官の姉に助けられたミリーは安堵のあまり意識を失ってしまいます。
☆映画あらすじと感想

レトロタイプな正統派探偵ブノワ・ブラン「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」

ミステリー作家ハーラン・スロンビーは85歳の誕生日を迎えたその日、彼を祝うため屋敷に家族が集まっていました。そしてその翌日、朝食を持っていったフランによってハーランの遺体が発見されます。1週間後、事情聴取の為にエリオット警部と凄腕探偵のブノワ・ブランが訪れます。