PR
スポンサーリンク
アジャスタブルベンチ

筋トレしてなくてもプロテインを飲もう!それは”身体のため”!

プロテイン ☆筋活
この記事は約12分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

画像は定番の「マッスルプラス」様。どんなシチュエーションでも揃ってます。

スポンサーリンク
\宅トレ器具は何がいい?/

プロテインは身体全体を構成するタンパク質

実は筋”筋トレしよう!”と意気込んだ当初は”サプリ派”でした。しかし今では”これは勿体なかったな”と感じています。一番は”併用”なのでしょうが、そもそもプロテイン=筋肉の素という考え方が若干違っていたので”これから筋トレ始める方”のために残しておきます。

プロテイン=タンパク質という事を理解していませんでした。三大栄養素の一つとして挙げられる”たんぱく質”は、筋肉・内臓・爪・髪の毛等を構成している成分筋トレをしているかどうかに関わらず、生きて行くのに必要なモノでした。

免疫力や美容だってプロテイン

たんぱく質のメイン効果は身体機能の正常化する働きにあります。適度な摂取を行う事で免疫力アップ・ストレス緩和が期待できます。個人差はありますが、基本的な身体構成成分なため万人に有効と考えられます。

さらにダイエット時の”栄養不足”による肌のダメージ。”コラーゲン”や”ケラチン”不足で起こるのですが、これらの主成分はたんぱく質になっています。プロテインは肌全体の素材ともいえる栄養素”たんぱく質”ですので、ダイエット中でも必要な成分です。

1日に体重1㎏に対し、最低1gは欲しい成分ですが魚・肉共に100g辺り25g程度しか入っていません。体重60㎏なら250gの肉・魚が必要となります。しかし筋トレしているともっと欲しい。ゴリラ目指す場合は更に・・・単なる食事では不足します。そこで粉プロテインの出番に成ります。

何故”粉末プロテインを勧める”のか

ここが一番大事なのですが、プロテイン(たんぱく質)の量を調整しやすいのです。自分の体重や運動量によって必要なたんぱく質量は変わりますので、量の調整は必須。そして水分に溶かして飲む場合なら”吸収が早い”というのもメリット。運動後すぐに肉を食べれなくても”水分”なら摂りやすいのです。

筋トレ以外でも必要ですが、摂りすぎ注意

健康・美容目的の方も必須となる、3大栄養素の一つたんぱく質。食が細い方や朝食を普段食べない方にも足りない分のたんぱく質補充となりますので、粉プロテインはお勧めです。良いことづくめではありますが、ちょっと注意は飲みすぎにならないように。お腹を壊したりしますので、1日に体重1㎏につき1g、ゴリラ目指す場合でも最初から大量に摂らないように気を付けましょう。これは体験談ですので、お腹弱い方は本当に要注意。運動しない時なんかは”食事”でも意識すれば十分に摂れますので、あくまで”補助”として摂ることが大切です。

カテゴリーから作品を探す
☆筋活

コメント

タイトルとURLをコピーしました