ドラマ

ドラマ

ベイハーバー・ブッチャーの復活「デクスター ニュー・ブラッド」

2021年のHulu独占ドラマ「デクスター ニュー・ブラッド」のあらすじと感想。あのデクスターが田舎町で普通の暮らし!?偽名を使って手に入れた普通、それが脆くも崩れていく。闇の声は次世代に引き継がれていくのだろうか・・・
ドラマ

孤島でマーダー、本土でミステリと胸躍る「十角館の殺人」

2024年のHuluオリジナルドラマ「十角館の殺人」のあらすじと感想。1986年、天才建築家が遺した”十角館”を訪れた7人のミステリ研究会メンバー。同じ頃参加しなかった江南の元に”とある手紙”が届きます。2カ所がリンクするこの作品、最後まで目と耳が止まりませんでした。
ドラマ

聖書を知れば更に笑えてしまう「グッド・オーメンズ」

2019年のドラマ「グッド・オーメンズ」のあらすじと感想。地球の終末、ハルマゲドンの準備を進める天使と悪魔。しかし天使アジラフェルと悪魔クロウリーは人間社会が大好き。6000年という古い友人2人が手を組むと、どんな無茶でもできるんです!
ドラマ

曹操が劉備が英雄たち(人形)が気軽に取材に応じた三國志ファン必見作「人形劇 三國志」

一九八二年から”三国志演義”を題材にNHKで放送された「人形劇 三國志」。川本喜八郎が作り出した人形は現代でも評価されています。司会は当時ツッパリ漫才として活躍中の神助・竜介が努め、各英雄たちの声も豪華俳優陣。日本が誇る三國志ドラマといえばこれでしょう!
ドラマ

切り裂き魔ではなく、ホワイトチャペル事件の物語「リッパー・ストリート」

2012年のドラマ「リッパーストリート」のあらすじと感想。切り裂きジャックが出た!?ジャックを追うエドムンド警部補が反応し、すぐさま捜査を開始。これはジャックが消えた半年後を、実在の刑事をモデルに作られたフィクションサスペンス。スリラー感も良い塩梅。
ドラマ

衝動的にもホドがある!「FARGO/ファーゴ」

2014年製作のドラマ「ファーゴ」のあらすじと感想。普通の人が一番怖いという実話だが、妙にシュールで目が離せません。日ごろから我慢している方は、何かしてしまう前にこちらを見て学びましょう。衝動的行動にいいことないよ。
ドラマ

能ある鷹は爪を隠すの完成形「刑事コロンボ」

1968年からスタートした「刑事コロンボ」。倒叙手法(犯人が分かっている)の面白さを世に広めた刑事ものドラマ。ボサボサでイケてないおじさんで、更にすっとぼけた会話と仕草が特徴的。そんなコロンボは実は頭脳明晰で情熱に溢れた賢人なのです。
ドラマ

天才詐欺師は”はぐらかし上手”「スニーキー・ピート」

天才詐欺師マリウスが出所する日、弟から”ギャングに狙われている”ことを告げられます。そこで刑務所で同質だったピート・マーフィーに成りすまし実家を手伝うのですが、弟は捕まりマリウスとしての活動もしなければなりません。予期せぬ2重生活の始まりです。
ドラマ

岸部露伴が家族を持つ・・・?ありえない!「岸部露伴は動かない(3期)」

岸部露伴は動かないドラマ版3期。世界を襲った感染症が原因で、取材ができなくなった露伴。飼い犬バキンとの散歩で気を紛らせていました。しかしその途中、見知らぬ神社に迷い込み”とある祠”を覗き込みます。そう、またしても奇妙な物語が始まるのです。
ドラマ

超常現象・都市伝説・UFO・UMAが詰め込まれていた「Xーファイル」

1993年のTVドラマ「Xファイル」シーズン1のあらすじと感想。FBI捜査官の中でスプーキー(変人)と呼ばれるフォックス・モルダー。彼は誰もが認めるオカルトマニア。しかしこのモルダーによって様々な超常現象の存在が明らかになります。果たしてUFOは存在するのか!?
ドラマ

ホームズ・ポアロにも並ぶ名探偵「ブラウン神父」

1950年代イギリス・コッツウォルズ村に、ブラウン神父が住んでいます。ある日ボーハン神父がパーティーを開くのですが、そこにボーハン牧師の弟ノーマンが現れますが、何者かに後頭部を殴打され絶命。犯人候補が多すぎるこの事件、ブラウン神父は首を突っ込んでいくのでした。
ドラマ

”執着”か”こだわり”か、奇妙な物語続編「岸部露伴は動かない(2期)」

露伴はスポーツジムで橋本陽馬と出会います。陽馬は事務所より「体を作れよ」と言われジムに通い出したとか。筋トレに意欲を見せない陽馬ですが、”走る事”は楽しいと感じています。そして常軌を逸したトレーニングを行いました。再びジムで露伴と再会すると自信に満ち溢れた顔で”ランニング勝負”を持ちかけるのでした。