PR

相撲、始めました!・・・仕方なく「シコふんじゃった。」

シコふんじゃった。 ☆映画あらすじと感想
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

4.0 これぞ”役者が違う!”を見せつける作品

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

大学から始める相撲部員

教立大学4年生の山本秋平は、すでに一流企業への就職(コネ)が決まっています。余裕で遊び回る山本ですが、ある日卒論指導員である穴山教授に呼び出されます。そして「君の顔を見るのは初めてなんだよね。」と出席不足(していない)ことを指摘。単位と引き換えに”一日だけ部活をしなさい”と条件を出します。そして向かった先は・・・

かつては相撲の強豪校として有名だった教立。現在では見る影なく落ちぶれ、廃部を逃れるために相撲大会に出場を決めていました。顧問である穴山は人数合わせの為、山本を引き入れたのです。しかし待っていた部員は青木ただ一人。彼は相撲好きだが立ち会った途端にプレッシャーで腹痛を起こし、試合ができません。さらにこれから集める人勢も・・・卒業と相撲は一体どうなるの!?


Amazonプライム・ビデオ

この俳優陣がコテコテコメディ

主演の本木雅弘は、この当時俳優として大活躍中。穴山役の柄本明も旬を迎えたいぶし銀。どう見ても大学生ではない青木には竹中直人ですが、キャラ的には学生でも違和感感じません。そして六平直政任侠からコメディまでこなす万能強面俳優。ヒロイン役清水美沙は、この作品が出世作となっています。

”相撲作品”は当時ハードルが高いモノでした。しかも細い体格の元アイドルが主演。しかしこの起用が”どんな作品なんだ?”と興味を持たすことに大成功。更にキャストは上記の面々ということで、当時本作は”約束されたコメディ!”という謎の安心感がありました。懐かしい・・・

暑苦しい・むさ苦しい・温かい

90年代によく言われていたのが”勉強せずに遊び惚ける大学生”でした。さらに”女性は土俵に上がれない”という性的問題にも触れた、ある意味当時の日本を知る作品となっています。のんびりしていますが、笑いと感動のテンポが良く気づけば1時間30分経ってしまいます。

題材が相撲なので”華”はなく、むさ苦しく暑苦しい作品。ちょっとしたシーンで挿入歌として流れて来る”林檎の木の下で”のメロディが意図的に気を抜いてきます。中毒性のある挿入歌と共に頭から離れない作品でした。

スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
☆映画あらすじと感想邦画
シェアされると喜びます

コメント も、文句以外で・・・

タイトルとURLをコピーしました