PR
スポンサーリンク
漫画全巻ドットコム

ロボットと友達になれますか?「アトム ザ・ビギニング」

アトム ザ・ビギニング ☆アニメ,漫画
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

3.6 ロボットに心を持たせるとは?

スポンサーリンク
\月額550円で見ホーダイ・読みホーダイ/

日本で大災害が・・・

原因不明の大災害から5年後、練馬大学で天才コンビを名乗る天馬午太郎お茶の水博志。2人が開発した新型人工知能”ベストザイン””自我”もしくは、”心”といった感情を目指して作られています。そして搭載された自律型ロボットA106を作りますが、周囲からはなかなか理解されません。

彼らのラボ”第7研究所”理解されないために出資者がなく常に資金不足。資金を得るため”ロボット・レスリング”に出場して優勝賞金を狙う事にした2人。華々しく登場したA106ですが彼は相手を思いやり、最低限の攻撃で機能停止にしていきます。そしてチャンピオンとの対決。A106はこの戦いで更なる”感情”に芽生えるのでした。

アトムは何が凄いのか

原作”鉄腕アトム”は、当時のロボット事情に大きな変化を与えた作品でした。特に”感情”といった部分では、記憶装置15兆8000億ビットという大容量(1.58テラバイトぐらいか・・・)で物事を記憶。それによって”物事の判別が付くようになった”という設定で、これによって人間と何ら変わらない言動・思考・行動を自己判断で行います。

涙も流せる人情派ですが、10万馬力のパワーサーチライトになる目足の裏からはジェットエンジンが排出されてマッハ5~10で空を飛べるという、ロボットらしいスーパーパワーも披露しています。人間の味方ではありますが、触れれば何でも壊せてしまうこのロボット。果たして人間と友達になれる存在なのでしょうか。

心優しい科学の子は出来るのか

A106は完成して既に自我を持っているように見えます。誰かの質問に対し自分の意見を話し、お茶の水の妹のピンチを助け、そして相手を思いやるそぶりもありました。科学の結晶で作られた感情はとても豊かで、人間界で揉まれた我々よりも純粋に見えます。この純粋さは逆に友達にはなりにくいかも・・・

現在2023年、AIの発展を見ていると”ロボットに感情”という時代は近づいてきたように感じます。しかし思うのは、人工的な感情はちょっと不気味だよね、です。スマホに話しかければ返答してくれるのは大丈夫なんですが、人型になるとなんだか不穏になります。アトムのように愛らしい姿なら受け入れられるのでしょうか。それとも現実に出来てしまうと怖い物なのでしょうか。ロボットと友達は遠そうな気がします。

スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
☆アニメ,漫画漫画バトル(漫画)
シェアされると喜びます

コメント も、文句以外で・・・

タイトルとURLをコピーしました