PR

伏線回収は秀逸だが、何も考えず観た方が楽しい「ブレット・トレイン」

ブレット・トレイン ☆映画あらすじと感想
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

4.7 超A級なB級映画

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

世界で一番運が悪い男

休暇を終えて殺し屋の職に復帰したのは運の悪い男、通称レディバグ”復帰直後は楽な仕事がいい”と話す彼に周ってきた仕事は、殺し屋カーバーが体調不良のため代打として”大金の入ったブリーフケースを回収”することでした。受け渡し場所は東京から京都へ向かう新幹線の中。そして早速乗り込む前に切符を落としました。

同じ新幹線の中には兄妹暗殺者として名高い”ミカン”と”レモン”。彼らはマフィアボスであるホワイト・デスから、息子を連れ戻す依頼を受けていました。更に日本のヤクザであるキムラも同じ新幹線に乗り、息子を屋上から突き落とした犯人を捜します。更に殺し屋ウルフも乗り込み、何故か殺し屋大集合の新幹線となってしまうのでした。

とんだB級物なのに!?

レディバグの設定は”最悪が止まらない男”。運が悪いこの男、冒頭から人にぶつかり切符を落とします。勿論序の口でこの後、過去の仕事を恨む殺し屋と鉢合わせし、身に覚えのないことまでレデイバグのせいに・・・。彼の仕事は”ブリーフケースを預かる”だけだったのですが・・・。

ブラッド・ピットが主役ハチャメチャアクションで、舞台は日本という危険な香りがする作品アーロン・テイラーサジ・ビーツ、日本からは真田広之が出演したかと思えば、まさかのちょい役チャニング・テイタム。とても豪華な俳優が並ぶ本作は想像以上に気分爽快アクションのおかしなでした。

最後まで目が離せない

登場人物それぞれの事情が絡み合い、割と複雑な物語。何故そんなことに・・・と思う部分も、実は細かく伏線が張られています。といっても回収方法はコメディで力業でした。オチも完璧で、レディバグの不運さはジョン・マクレーン(ダイ・ハード)にも負けていません全ての出来事が必然で不運な新幹線の出来事は死屍累々になっていました。

しかし本作の魅力は”アクション”にあります。軽快でコミカルながらも早い攻防は、どことなくジャッキー・チェン作品を思わせます。ブラピだけでなく他俳優陣もしっかり練習して臨んでいました。挿入歌の選択もハイセンスで、終始視覚・聴覚を楽しませてくれた本作は、間違いなくA級なB級映画です。

\サブスク引き籠り応援団です/

豪華俳優陣で遊んだ映画といえば「バーン・アフター・リーディング」
2008年の映画「バーン・アフター・リーディング」の感想とあらすじ。CIAに勤めるオズボーン・コックスは余生を自叙伝でも作って過ごそうとする彼ですが、よくわからない災難に巻き込まれ・・・なドタバタコメディ。兎に角ブラピのアホキャラが濃い。


”全部がどうでもよくなった”そんな時に観たら”本当にどうでもいいや”と思えた「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディーガード」
ボディガードのマイケル・ブライスはカウンセリングを受けています。そして”休暇を取る”ことを勧められ、しばらく休業して旅行に赴きます。同じ頃ダリウスはとある件でインターポールと取引を行い移送中。しかし奇襲を受け姿を隠す羽目に。そこで妻のソニアはライバルであるマイケルを探し出しダリウスを救出。そして誤解と語弊と勘違いに思い違い、そして因縁と嘘が入り混じった大作戦が決行されるのでした。

男ならこんな思い出一つは欲しい!?”クソッタレな一日”「ハングオーバー! ~消えた花婿と史上最悪の二日酔い~」
挙式当日、花嫁トレイシーは頭を抱えていました。花婿のダグは友人ステュ・フィル・アランの4人でベガスへ行ったのですが、フィルから「もうダメだ、ダグが行方不明なんだ。間に合わない。」と電話が。2日前4人はベガスのホテルで屋上に上がり乾杯します。翌朝、ダグの姿と3人の”記憶”が消えていました。
カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました