PR

60歳超えてもまだまだ動けるジャッキー「ナイト・オブ・シャドー ~魔法拳~」

ナイト・オブ・シャドー ☆映画あらすじと感想
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

3.3 大丈夫キレてる

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

妖怪から人間を護れ

はるか昔、妖怪から人間を護るために”結界”が張られました。しかし何者かによって結界は壊され、妖怪たちが人間界に入ってきました。奴らを捉えるため、妖怪ハンターである仙人プウが降り立ちます。普段は学者として素性を隠し、いざという時には”陰陽の筆”で妖怪を封印していきます。

そんなプウが住む街周辺では少女の連続誘拐事件が起こっています。見習い護衛兵であるヤンフェイ「妖怪の仕業です!」と上司に伝えるのですが、全く相手にされません。そんな時に出会った怪しい学者プウ胡散臭い小説を売るこの男をヤンフェイは調べるのですが・・・

原作は中国の妖怪小説

中国ではとても有名な短編小説「聊斎志異(しょうさいしい)」作者をモデルにして作られた本作。各地で口伝として残っていた怪異を集めて小説にまとられたこの小説は、妖怪文学としての評価が高く現在の作品にも強く影響を与えています。

日本では手塚治虫が「新・聊斎志異」という漫画シリーズを描いています。芥川龍之介の”酒虫”のは小説の”酒蟲”を翻訳したもので、1959年には日本でTVドラマ化までされていました。思惑日本でも馴染みのある小説ですが、これをジャッキーが演じると・・・

還暦超えてもまだまだイケる

全盛期と比べれば、的な評価はあるでしょうが”66歳のおじさん”と考えればキレキレです。本作ではCGも豊富ジャッキーコメディも健在。年齢的に心配でしょうがご心配なく、ちゃんと御馴染みの椅子アクションも魅せてくれました

仙人や父親役の作品が増えており、それが似合う年齢・存在になりました。徐々にジャッキー映画も様変わりをしいくのですが、それもまた面白い物です。本作はちょっと物悲しいストーリーで涙ポロリもあるファンタジー物。激しさは少ないですが、たまには”しっぽり観る”ジャッキーも良い物でした。

カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました