PR

トラブルメイカーでハッピーメイカー「ピーターラビット2 ~バーナバスの誘惑~」

ピーターラビット2 ☆映画あらすじと感想
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

3.8 ミュージカルがパワーアップ!

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

ピーターは悪い子?

前作から3年の月日がすぎ、今日はビアマクレガー結婚式。色々とありましたが、幸せそうなビアを見てピーターも祝福モードになっています。この絶頂期に更に良い知らせが舞い込みます。ビアの絵本”ピーターラビット”を大手出版社が売り出したいと言ってきました。社長のナイジェルと面会するため、ピーター達を連れて大都会に向かいます。

ナイジェルは絵本を気に入っているのですが、”売る”ために「兎達にキャラクターを付けよう」と提案してきます。そのキャラ設定は全員納得に思えましたが、ピーターだけが不満に感じています。その理由はピーターのキャラは”トラブルメイカー”という設定にありました。マクレガーからの信用も低いと薄々感じていたピーターは、いじけてしまい街をブラブラします。しかしそこでやっぱりトラブルが・・・

ドタバタアニマル

安定の可愛さで大暴れするラビット達。他の動物達を巻き込んで、人間の市場を襲撃します。農業に目覚め、出店していたマクレガーはとても気の毒ではありますが、動物達の愛らしさには完敗です。今回もドタバタしている合間に魅せて来るミュージカルパート秀逸のデキでした。

本作でのミュージカル部門主役は”大道芸リス”でしょう。吹き替え版での担当声優、木村昴の歌唱力が発揮され、悪ぶって歩いているピーターのバックミュージックを歌い上げます。もちろん他動物達も歌に踊りに披露しますが、しかし何よりも鶏JWルースター2世の声高らかに響く「コケコッコー」も健在で安心しました。

テーマとトラブルが満載

主軸テーマピーター自身の”自分は悪い子なのか”という悩み。並行して夫婦の価値観の違いによる”すれ違い”。そこに出版社が”作りたい、ではなく売れる物を”という提案。ドタバタコメデイの中にこういった問題提起とテーマを織り込んだ、思惑深みのある作品です。・・・こんな風に小難しく考えなくても面白可愛いですよ!

しかしナイジェルが押し付けようとして来た”過激な物語”の提案ですが、あながち間違いではありませんピーターが宇宙服を着たり、Tシャツでカジュアルな装い可愛いでしょう!ファンからすれば生唾が出るアイテムになります。最終的な判断は作者のビアになりますので、どうなるかはお楽しみです

スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました