PR

可愛いけど悪戯好き、原作通りの「ピーターラビット」

ピーターラビット ☆映画あらすじと感想
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

3.7 原作でも”荒くれウサギ”

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

ウサギの逆襲

ウサギピーター農夫マクレガーによって父親をパイにされてしまいます。そのお返しとばかりに自宅に入り込んでは野菜を盗み、マクレガーに悪戯をします。しかしある日ピーターは、マクレガーに捕まってしまいます。そして喜ぶマクレガーですが、急な心臓発作によって亡くなってしまいました。

ピーターは大喜びで森の仲間達を集めて大パーティー。そんな浮かれたピーターの前に現われたのはマクレガーの甥トーマスでした。彼はロンドンの大型デパートで働いていたのですが、突然長期休暇を言い渡されます。そこで亡くなった大叔父の豪邸を売却して自分で玩具屋を開こうと考えます。しかし訪れてみると邸宅は動物に占拠され荒れ放題。ピーターVSトーマスの戦いの火ぶたが切られるのでした。

絵柄が和む

本作登場のヒロインビア原作者ビアトリクス・ポターがモデルとなっており、作中でもピーターラビットの絵を描いています。再現された3Dピーターのもふもふ感も良いのですが、やはりこの”絵柄”が和ませます。特にアニメーションで動くシーンでは完全なピーターラビットの世界に包まれました(アニメーションでいいのに)。

ウサギと人間が格闘し、爆破シーンもあるという”特撮映画”感がすごい。しかしここには監督の苦労が見えます。何故なら原作は”何も起きない絵本”だからです。想像だけでこれだけ盛り上げるのは大変だったと推し量ます。

原作のピーターラビットもブラックユーモア?満載

絵柄が優しく牧歌的なため印象が違うのですが、原作絵本でもピーターラビットは”やりすぎる”物語です。話の内容も怖い時も多く、父親がマクレガーの奥さんによってパイにされたのは有名。その味をマクレガー本人はとても気に入っており、再びウサギパイを食べたいと話すのは映画と同じ。

しかしピーター自身はやんちゃな子ウサギではありますが、本作ほど過激ないたずら・嫌がらせをするキャラではありません。マクレガーを倒して喜ぶというダークな人?柄でもなく、そもそも原作ではマクレガーさんは元気に生きてピーターと日々戦っています。そんな思惑ブラックユーモアの多い作品ですが、登場人物は全員愛らしいもふもふ映画です。

スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました