PR

臭いと高低、それが格差「パラサイト ~半地下の家族~」

パラサイト 半地下家族 ☆映画あらすじと感想
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

3.5 ドタバタからのホラー展開に釘付け

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

半地下から地上へ

韓国のとある貧困地域。ここで半地下にあるアパートに住むキム一家はギテク妻チュンスク息子ギウ娘ギジョン4人ともが定職に就いていません。宅配ピザの箱を組む内職で日々を繋いでいます。そんなある日、ギウは友人から「俺が外国へ行っている間だけ、女子高生ダへに家庭教師として英語を教えて欲しい。」と相談を受けます。かなりの高額給与だったため引き受ける事にしました。

訪れたダへの家族、パク家は富裕層。その暮らしに目を付けたギウは11歳になる息子ダソンの家庭教師にギジョン、大黒柱であるドンイクの運転手にギソク、そして現家政婦を追い出しチュンスクを迎え入れ、家族全員がパク家で働くようになります。順風な生活に満足しているキム一家ですが、ある日追い出された元家政婦の訪問から想像もしてなかった事態に陥るのでした。

序盤のコメディタッチに油断してはいけない

最初は小汚い家庭で冴えない親父がボーっとしている日常閑話に観えました。貧しくても逞しく、ほのぼのと小さな楽しみ・笑いがある家族の物語だと思っていました。この序盤で知らぬ間に”根は良い人たち”と感情移入させられます。

実際に寄生が始まっても、家族であることがバレないようにドタバタするコメディ作品。しかしいつしか深い闇にのまれ、サスペンス・スリラーへと変化します。温和な表情と性格のギソクは寄生しても変わらないなあ、そう思っていたのですが・・・まさかあんな理由で・・・

”半地下”で象徴した貧困問題

建築物という物質的な物の高低差で貧富を表現しています。雨が降ると水が流れ入って来るキム家と、地上で余裕のある敷地にマイホームのパク家の貧富の差は文字通りの一目瞭然でした。使う階段が昇りなのか下りなのかそんな事で人生が分かれると感じさせる描写は、完璧に格差社会を現わしていました。

エグミを感じる作品で、実際に”ありそう”でした。”英語ができる”それだけで家庭教師として高額で重宝されるのも”アジア圏”であることを痛感させます。そしてもう一つ貧困を表現するのに必要なのは臭いでした。沁みついた臭いは取れません。それは身体にも心にも沁みついた臭いですから。しかしこのキム一家は人当たり良く賢いそれでも就職できないというのも”貧困層の悩み”なのかな。

神様の望みは僕らがボロ雑巾でいること「存在のない子供たち」
2018年の映画「存在のない子供たち」のあらすじと感想。スラム街で育ったゼインは自分の両親を訴えました。罪名は「僕を産んだ罪」。ゼインが両親を訴えた背景と、そして子供たちの悲痛な叫びが痛烈に響く。大人の責任を思い知らされる作品でした。
”時間かせぎ”とはこのこと「IN TIME」
2011年のSF映画「IN TIME」のあらすじと感想。寿命で物の売買をする世界。貧しいウィルは富裕層のハミルトンから100年を超える寿命をもらいます。そしてウィルは知らなかった世界を知り、絶望をしながら自身の正義を貫こうと生きるのでした。
それは本当の姿ですか?「SKIN/スキン」
2009年に起こった実話を基にした映画。暴力系白人至上主義の世界で育ったブライオンはある日ジュリーと出会います。恋に落ちたブライオンですが、壁となるのは現在のファミリー。愛に満ちた顔と、タトゥーで威嚇する顔と、どちらが彼の本当の顔なのか・・・
これはすでに”キャラクター名”ではなく”事象名”「ジョーカー」
2019年映画「ジョーカー」のあらすじと感想。ゴッサム・シティでピエロとして働くアーサー・フレックは仕事中に若者に襲われ袋叩きに合います。そこで同僚ランドルは拳銃を渡します。その後、解雇されたアーサーはピエロ姿のまま地下鉄に。そこで酔ったエリート・サラリーマンを射殺してしまいます。この事件からピエロは貧困層の英雄と崇められていくのでした。
スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
☆映画あらすじと感想
シェアされると喜びます

コメント も、文句以外で・・・

タイトルとURLをコピーしました