PR

見た目ではわからない人間の裏側「テッド・バンディ」

テッド・バンディ ☆映画あらすじと感想
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

4.0 魅力的なシリアルキラー

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

言葉巧みで甘いマスク

1969年シアトルに住むシングルマザーのリズ。友人と立ち寄ったバーで物腰柔らかく甘いマスクテッド・バンディに声を掛けられます。2人はすぐに打ち解け、時間をおかず交際に発展します。テッドはリズの娘、モリーともすぐに仲良くなり3人の幸せな生活が始まりました。

そんなある日テッドが信号無視で警官に止められます。警官はテッドが誘拐犯に酷似している、という理由で逮捕しました。テッドは潔白を主張しますが、日毎に証拠が集まり更に「連続殺人鬼」の容疑者になってしまいます。そんな中、リズはテッドを信じ無罪を訴え続けます。テッドは潔白なのか、それとも連続殺人犯なのか・・・

実在した恐怖のシリアルキラー

被害者総数が多すぎて把握できていないとされ、自白だけでも30件以上の殺人を認めたシリアルキラー、テッド・バンディ。この「シリアルキラー」という言葉自体が彼を表すために考え出された言葉です。知的でハンサムな外見を利用し、女性を乱暴・殺害を平然と行う異質な存在です。

逮捕され法廷で裁かれる事になりますが、バンディは弁護士は依頼せず自ら弁護を行います。さらに公判中であるのにも関わらず、職場で同僚だった女性と結婚子供をもうけます。そんなバンディは当然死刑判決がでますが、この頃から何故か多くの女性からファンレターが届くという異常事態が起こっていました。まさに悪魔のような男です。

ザック・エフロンの笑顔にゾクゾク

爽やかイケメンがシリアルキラーに挑戦。最初から怪しさがなく、とても「良い人」なのが後々静かな恐怖になります。元祖シリアルキラーとして作品を銘打っているのですが、何故だか「本当にやったの?やってないんじゃない?」と思わせてくるのがとてもリアルでした。いつもなら可愛らしいザックの笑顔が妙に不気味に感じる、ザックの俳優成長作品です。

リザ視点から見たテッドなので、とても魅力的に見えます。まさにザックが適役(僕なら声を掛けた時点で通報・・・)で、「この人が恐ろしいはずがない」と見た目で感じさせられます。魅力的=善人というワケではないという警鐘を、過去の事件を通して訴えてくるのが本作品の醍醐味です。それでも、まあ、こんな奴に絡まれたら騙されるんでしょうねえ(妬み)・・・

慣れてはいけない負の連鎖「スノータウン」
2011年の映画「スノータウン」のあらすじと感想。ジェイミーは複雑な環境で育ちます。母親は仕事なし、弟は精神障害、本人は兄から性的虐待。そして起こった凄惨な事件。1990年代に起こった実話事件の映画化。あってはいけない負の連鎖が見えました。


”法律”に対する復讐劇「カット/オフ」
ポール・ハーツフェルドは娘ハンナと一緒に歩きますが、イラついていた彼は車道で犬に暴行している男に殴りかかります。そして振り返るとハンナはいません。自分に呆れながら仕事に戻り、女性の遺体検視を担当します。遺体は顔が潰れており、喉の奥から見つかったカプセルを開けると中から”ハンナ”という名前と携帯電話のメモが。ポールが電話をしてみると出たのは娘のハンナでした。

食材は何?レクター博士は料理上手 ドラマ版「ハンニバル」
2013年より開始のTVドラマシリーズ「ハンニバル」のシーズン1あらすじと感想。勝手な断言をします。本作はマッツのPVであり、マッツ入門編作品になります。不気味な存在なのに美しさ上品さがあり妖艶なマッツ。

「ハンニバル」はマッツの妖艶さが光るドラマ。どちらが魅力的?  ⇑

カテゴリーから作品を探す
☆映画あらすじと感想
シェアされると喜びます

コメント も、文句以外で・・・

タイトルとURLをコピーしました