PR

三ツ星になるには料理だけでは足りない「二つ星の料理人」

二つ星の料理人 ☆映画あらすじと感想
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

3.3 クーパーは筋肉です

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

戦場のように激しい厨房

アダム・ジョーンズはパリのレストランで腕を振るう天才肌の二つ星料理人。腕は確かなのですが、異常なまでの完璧主義者ドラッグとアルコールの依存症。問題行動が多く、店も仲間も失います。しかし3年経ったある日、友人トニーに無理やり協力させ新店オープンへこぎつけ新たに三つ星を狙います。

しかし集まったメンバーは刑務所帰りに昔の同僚、新人にシングルマザーの料理人と完全な寄せ集め。そしてアダムの過剰な完璧主義も健在で、気に入らない料理が出たら皿を投げ叩きつけます。さらに厨房でも怒り狂いスタッフを怒鳴り散らかします。まかないには興味なく、自身の創作料理に没頭します。そんな折にミシェラン審査員と思わしき客が来店します。最高の一皿を提供しますが、あえなく惨敗。理由はスタッフによる裏切り行為にあり、アダムは失意と共に益々荒れ始めるのでした。

アダムが目指す三つ星とは

レストランやホテルガイド等で見られる”ミシュランガイド”に表記される星は、”ミシュラン”という会社が行っている”評価をするサービス”で最高は3つ星で、レストランやホテル以外でも道路地図や旅行ガイド、ガソリンスタンドと様々な評価を行っています。

アダムが目指すのはレストランの三つ星。各評価については

一つ星=その分野(イタリアン・和風・フレンチ等)で特に美味しい料理

二つ星=遠方であっても訪れる価値がある料理

三つ星=この為だけに赴く価値のある最高の料理

アダムは現在二つ星の料理人。”何”足りないから三つ星になれないのかが今作の大きなテーマとなっています。

三つ星は”美味しい料理”だけでは届かない

アダムは荒れますが大切なモノに気付いていきます。交際しているエレーヌの支え、愚直に自分の料理を信じてくれる新人トニー。そんな面々が少しずつアダムを変え、いつの間にかスタッフとまかないを食べ、笑い、研鑚するこの姿こそがアダムの三つ星だと感じました。

アダム(ブラッドリー・クーパー)料理人ですがマッチョです。マッチしョが戦争映画と同じテンションで怒鳴りまくる姿に”厨房で働きたくないな”と感じてしまいました。しかし筋肉に覆われているのは見た目だけで、アダムは何度も傷ついていて、”マッチョ料理人って意外と繊細”という事が知れます(筋肉関係ないか)。王道ストーリーに色彩鮮やかな料理が目にも良い作品でした。

カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました