PR

歌って踊れば全部解決!「ヘアスプレー」(2007年映画)

ヘアスプレー 映画 ☆映画あらすじと感想
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

4.7 ジョン・トラボルタ・・・やりおる

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

スプレー業界期待の星

1962年のボルチモアに住む女子高生トレイシー。彼女の夢は人気テレビ「コーニー・コリンズ・ショー」に出演することです。そしてダンサーオーディションを受けたいと両親に相談しますが、母のエドナ丸々としたトレイシーの体形を考え、「傷つくから」という理由で反対。しかし父ウィルターは「夢を叶えろ」と応援してくれます。しかし当日トレイシーは人種差別主義のプロデューサーから体形と顔だけで不合格とされてしまいました。

人種差別が色濃いボルチモアでは、白人・黒人はテレビ内で別扱い。しかしトレイシーは気にする事なく黒人たちともダンスを楽しみます。その様子を見たコリンズ・ショー出演者リンクは、彼女をダンスパーティーに誘います。彼女のダンスは周囲を魅了し番組ホストのコーニーの目に留まります。そして番組新メンバーとなり大活躍。彼女のスプレーで固めたビッグヘアーも人気となり、ヘアスプレーコンテストでもトップになると誰もが思っていました。そんな折番組内の黒人だけのショーが打ち切りになります。トレイシーは「これではいけない!」とデモを始めるのですが、そこには大きなリスクがありました。

超ビッグサイズな母エドナ役は「ジョン・トラボルタ」!?

キュートな3重アゴの130㎏超えなお母さん役「サタデー・ナイト・フィーバー」で一世風靡した2枚目大俳優ジョン・トラボルタ僕の記憶ではコメディは少ない方ですが、確かに今までもミュージカル作品には出てますね。じゃあ、大丈夫・・・いや!?おかしいけど、ある意味凄い!!声も動きも違和感なく女性でしたよ。ジョンの作品を知っているからこそ「あれ?」となりますが、初見なら「こういう女優さん」と思えます。良い意味でショッキングでした!!

ちょっとジョンの印象が強すぎていますが、ミシェル・ファイファークリストファー・ウォーケンも出演。さらにこの作品以降グレイテスト・ショーマンテッド・バンディでも人気のザック・エフロンと、かなりキャスティングに力を入れていました。登場人物全員が歌って踊れて華がある、そんなコンセプトが観て取れました。

暗いテーマを吹き飛ばすミュージカル

全編通して元気と自信を与えてくれる楽曲がこの作品のランクを上げ、観る者の心も挙げてくれます。見た目や人種の差別といった暗いテーマを、「歌って踊ればいいんだよ!」と明るく前向きに吹き飛ばしていくトレイシーの姿に感動しました。デモ時の歌詞で「チョコレートはダークがリッチ」”黒は優れている”という表現が出てきます。軽快ながらもしっかりと批判する歌に惚れました。

ぽっちゃり女子高生トレイシーはポジティブの塊。そんな彼女の歌って踊る姿に励まされていくノリノリのミュージカルで、他登場人物も老若男女全員可愛く見える作品となっていました。本作はミュージカルへの移行部分も割と自然なので(見慣れてるからかな?)、今まで避けていた方も「ミュージカル映画入門作品」として持ってこいです。あとはジョン・トラボルタの歌と踊りも大期待ですよ!

絶望だ!無茶苦茶だ!でも自由なんだ!だからロックしろ!「スクール・オブ・ロック」
2003年の映画「スクール・オブ・ロック」のあらすじと感想。自称ロッカーな男デューイはダメ男。ひょんな事からありついた小学校教師の職ですが、出鱈目でまともな授業なんてできません。思い立ったのは生徒達でバンドを組んで売れてやろう!というトンデモ案。どうなることやら・・・
https://syumiittetu.com/eiga-kkkwobuttobase/
力が湧きあがる!そんな映画が観たいなら!「グレイテスト・ショーマン」
2017年の映画「グレイテスト・ショーマン」のあらすじと感想。貧しくとも幸せに暮らしていたバーナム。悪趣味な美術館を見て娘が言った「やっぱり生きてなきゃ面白くないよ」の一言で世界が変わります。”これが自分”と胸を張れるように生きたい!

⇑  ミュージカルでぶち挙がるのはこちらも同じ

”劇中歌”に酔いしれる「音楽映画」たち
「歌」は人に感情を与えます。それは悲哀に満ちモノでもあり、そして希望にみちたモノでもあり。そんな「感情」を昂らせて来る作品をご紹介。泣きながら観る作品から、気軽に観れる作品まで登場。今回は8作品です。 rakuten_affiliateId...

⇑  「音楽映画」のまとめブログです

スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました