PR

孤独を感じるのは”一人しかいないから”ではない「孤独なふりした世界で」

孤独なふりした世界で 名作?迷作?B級LOVE
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

3.2 中盤までが凄く好き

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

独り生活

誰も生きていない町の一軒家。侵入して電池や本等の物資を探っているのは唯一の生存者デル。物色し終えると玄関に×印を描き、そして室内のミイラ化した遺体を毛布でくるみ穴に埋めます。そして住まいである図書館へ帰り、本を棚へ戻すという”仕事”をして過ごしています。

デルは湖で船釣りをして魚を確保します。そしてゆったりディナーをしていると、突然夜空に花火が撃ちあがります。異変を感じながらも我関せずの姿勢で、翌日も変わらぬ生活に勤めます。しかしこの日、誰もいないはずのこの町に警報機が鳴り響きます。車が事故を起こしているのを発見したデル。慎重に車内を覗き込むとそこには意識を失った女性の姿が見えるのでした。

偏屈男の現代サバイバル

本作は天変地異ではなく、人間だけが死滅した状態です。なのでサバイバルする、というよりも物資調達を繰り返すことで”生活”ができています。確かに電気を確保さえできれば、通常の生活ができそうな世の中。周辺が山・川・森というシチュエーションより、むしろ現代的でリアル、そしてちょっと快適そうなサバイバルでした。

デルを演じるピーター・ディンクレイジはこういう偏屈が似合う男(褒めてる)。難しそうな表情と思慮深い眉間で他者を寄せ付けません。偏屈な印象のデルですが、周囲に誰もいないなら問題なく、むしろ優雅に見えるのが不思議です。他者から見た評価というのは、比べる相手がいなければ無意味なものでした。

常に孤独を感じていたからこそ生き伸びれた

”この世界にたった独り”、このフレーズに心折れませんか?しかしデルは「孤独を感じたのは町に1000人いた時の方だ。」と話しています。孤独という言葉も周囲に人がいてこそ成り立つもので、元より人と距離があるデルは現在の状況の方が生き易いようでした。ある意味”悪意のない世界”になっていますからね・・・

ハラハラドキドキすることなく淡々と進む序盤が妙に面白い。そして見知らぬ女性グレースの登場でかき乱されるデルも面白い。しかし、ここからの急展開にちょっとトーンダウンしてしまいました。普段はドンデンガエシとか急展開は好きなんですが、この作品はズルズル行って欲しかった。独特な雰囲気をもつ”こどせか”(略してみた)は”生き方の選択”を考えさせる作品でした。

孤独だから愛されたかったツンデレ「美女と野獣」
2014年の映画「美女と野獣」のあらすじと感想。バラを盗んだために野獣に娘を奪われてしまった商人。しかしこの野獣は本当の愛を知る者でした。美しいバラと護るように立っている城。それは美女と野獣の関係を別の形にした、フランスらしい表現でした。

こんな世界で諦める事なく生きていけますか?「ワールド・ウォーz」
英国では未知のウイルスによって、感染者が異常行動に出るというニュースが流れていました。そんな中アメリカではジェリー・レインが大渋滞に巻き込まれています。上空には”ヘリ”が旋回し、地上では白バイが叫ぶように警告、そして逃げ惑う人たち。女性が男性に噛みつくと、その男性も凶暴化し暴れ走り出すのでした。・・・これはzとの戦いの記録・・・

⇑  心折れる世界。ゾンビと孤独、どっちがいいですか?
”もう大丈夫”それは自分ではわからない「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
2016年の映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のあらすじと感想。アメリカのアパートで何でも屋として働くリー・チャンドラー。兄のジョーが倒れたという知らせを聞き、久しぶりに家族と顔を合わします。そこから凄惨な過去を乗り越えようとするヒューマンドラマ。

カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
名作?迷作?B級LOVE☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました