PR

原作+ゾンビ=アクション映画になりました「傲慢と偏見とゾンビ」

傲慢と偏見とゾンビ ☆映画あらすじと感想
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

3.7 ちょっと・・・面白いですよコレ

スポンサーリンク
\サブスク引き籠り応援団です/

英国の”ゾンビ事情”

18世紀の初め、貿易が盛んな英国には世界中の産物が集まっていました。しかし同時に”ゾンビの病原菌”も輸入してしまいます。噛まれる事で死んだ後に生き返り感染者となり、”人の脳を食べる”というおぞましい奇病で、既に何百万人もの犠牲者が出ています。貴族達はロンドンを離れ田舎へ移り、自身を守る為の”武術”を身につけていきます。

そんな世界でネザーフィールドに住むベネット家には5人の年頃の娘がいました。5人共が中国で修行経験があり、拳法と刃物の扱いはお手の物。そんなベネット家の隣に若くて裕福なチャールズ・ビングリーとその親友ダーシーが引っ越してきます。ビングリーは長女ジェインに一目ぼれし、ダーシーは次女エリザベスに惹かれます。しかしダーシーは気難しく素直になれません。そんなときパーティーでゾンビが出現し、ガーターベルトに仕込んだナイフでゾンビを倒す姿を見てダーシーはさらに惚れこんでしまうのでした。

意外と元作に忠実

元作”傲慢と偏見”と同じくベネット夫人は娘を裕福な家に嫁がせることしか頭にありません。父親は娘の味方で、隣に運命の異性が引っ越し、パーティーでエリザベスとダーシーが犬猿の仲に・・・と忠実再現している小説。こんな事を思いついたのはセス・グレアス=スミス2009年に”傲慢と偏見とゾンビ”の小説を発表しています。

エリザベス役はリリー・ジェームズ2015年のディズニー実写”シンデレラ”役2016年の”二つ星の料理人”ではシングルマザー、そして本作では貴族というより戦士な女性と幅広くこなせる女優です。今回のゾンビと戦う貴族の娘役は、可愛いながらも凛とした佇まいに高評価アクションも◎ですが、ナイフ装着のガーターベルトの方につい目が行ってしまいます。

ふざけていないB級ゾンビ

ゾンビが出て来るシーン以外は至って真面目な”傲慢と偏見”。18世紀のドレスも綺麗で、戦闘服にも力が入っています。街並みも残念な程に美しく題名はB級なのにしっかりと作り込まれていました。しかし一旦ゾンビがでると可愛い女性陣が、太もも露わにナイフでゾンビ無双をしていく爽快なB級映画に変わりますギャップが凄い

ゾンビならではのグロさは薄く、アクション重視なので家族でワイワイ観るのにお勧め。中世ヨーロッパの世界で日本刀をかつぎ拳法でなぎ倒し元作の重めの恋愛設定も若干軽くなっているためゾンビ作としても、傲慢と偏見作としても入口にはよろしいかと。B級ですよ!と話しましたが、アクション映画として楽しめる映画でした。

こんな世界で諦める事なく生きていけますか?「ワールド・ウォーz」
英国では未知のウイルスによって、感染者が異常行動に出るというニュースが流れていました。そんな中アメリカではジェリー・レインが大渋滞に巻き込まれています。上空には”ヘリ”が旋回し、地上では白バイが叫ぶように警告、そして逃げ惑う人たち。女性が男性に噛みつくと、その男性も凶暴化し暴れ走り出すのでした。・・・これはzとの戦いの記録・・・

⇑  ゾンビの近代戦闘はこちら

ゾンビミュージカル!?「アナと世界の終わり」
世界中でウイルス感染によるゾンビが発生しており、このリトル・ヘブンにも影響が起きてきました。アナは音楽を聴き、歌いながら徒歩でゾンビ達の徘徊する町を歩きます。悠々と歌いながら歩くアナですが、流石に異常に気付く来ます。そしてアナの脱出劇が始まりました。

⇑  ミュージカルゾンビも良いB級


噛まれてもいないのに”ゾンビのように”生きてしまう僕らへ「ウォーム・ボディーズ」
2013年の映画「ウォームズ・ボディ」のあらすじと感想。自我の残った青年ゾンビと出会った人間女性。出会ってしまった2人の異種間恋愛の結末は!?諦めたら楽なのに・・・まあ、そう言わず夢と希望を持とうぜ!!な作品でした。


インドファンタジーは王の雄度が高い「バーフバリ ~伝説誕生~」
マヒシュマティ王国時代、赤ん坊を抱えた女性シヴァガミは「私の命と引き換えに赤ん坊の命を救いたまえ。」と子供を高く掲げます。そこに通りかかった村人が赤ん坊を救い、そして村長の妻サンガに”シヴドゥ”と名付けられました。そして25年、逞しく成長したシヴドゥは運命に翻弄されていくことになります。

スポンサーリンク
カテゴリーから作品を探す
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン※紹介作品はランダムであり、Hulu配信作品とは限りません。
☆映画あらすじと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました